花の歌 wma

この曲はピアノ学習者にとって、「エリーゼのために」「乙女の祈り」などと並ぶ有名曲らしいですが、実はよく知りませんでした。これはこみさんの主催する「花の歌コレクション」に参加した録音です。

私の「花の歌」は、美しく可憐なお花の子どもたちのレビューです。

冒頭はきれいなお花が軽やかに踊っています。8分の6拍子の中にワルツのリズムを感じ、できる限り優しくふわふわっと浮いているように弾きたいのです。

piu mossoは、花にとっての敵(風か雨でしょうか)に襲われる不安。みんな気をつけて!…フェルマータに続くアルペジオは、平和が戻った爽やかなそよ風。どこまでもやさしく。

Tempo 1、また穏やかなお花たちのおしゃべりが聞こえてきます。

そして転調後、お花の大合唱!ピアノの伴奏にあわせてみんな大きな声で歌います。途中ソロの子の出番あり!感情豊かに歌い上げます。続く大合唱。伴奏のピアノの子、ノリすぎで間違えてしまいました。でも気にしない!molto cresc.で盛り上がって幕が下ります。

そして再びTempo 1。想い出のシーンをふりかえるように…エンディング。ハープの音色が元気に響いて楽しかったレビューもこれでおしまい。名残惜しむようにlento moltoでしめます。

home